鼠径・大腿ヘルニア

鼠径・大腿ヘルニア

はじめに

「鼠径(そけい)」とは、太ももの付け根の部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。「鼠径ヘルニア」とは、お腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。

症状

初期のころは、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきてはれができます。鼠径部に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。指で押さえると引っ込むことがほとんどですが、はれが急に硬くなったり、押さえても引っ込まなくなることがあります。これをヘルニアの嵌頓(カントン)といい、急いで手術をしなければ、腸が腐り、命にかかわることになります。

(種類)

  • 外鼠径ヘルニア:鼠径ヘルニアのなかでも最多です。鼠径部にはお腹と外をつなぐ筒状の管(鼠径管)があり、男性では睾丸へ行く血管や精管が、女性では子宮を支える靱帯が通っています。年をとってきて筋膜が衰えてきたためと鼠径管の入り口(内鼡径輪)が緩み、内容物が脱出した状態です。
  • 内鼠径ヘルニア:内鼡径輪の内側にある鼠径管の後壁が脆弱となり、ヘルニア内容が脱出した状態です。
  • 大腿ヘルニア:大腿輪という足に向かう血管の通り道より内容物が脱出した状態です。中年以降の経産婦に多くみられます。

治療

治療は、手術以外の治療法はありません。
手術は、ヘルニア内容を包んでいる嚢(袋)を切除します。小児の場合はこれだけでいいのですが、成人の場合は、何らかの方法で弱くなった部位の補強をします。
補強法は、従来法と人工物を使用するテンションフリー法(筋膜に緊張をかけない方法)に分けられます。

  • 従来法:鼠径管の入り口を縫い縮め、筋肉や筋膜を縫い合わせることで補強します。この方法では、人工物は使用しませんが、縫い合わせる事によりつっぱり感がでます。
  • 人工物使用法
  1. メッシュプラグ法(コーン型のプラグ、シート上のメッシュを用いる)
  2. リヒテンシュタイン法(シート上のメッシュのみを用いる)
  3. PHS法(2枚のシートでできており、おなか側と外側を同時にふさぐ方法)
  4. クーゲル法(形状記憶リングで型取られた2重のメッシュを用いおなか側でふさぐ方法)

を用い補強します。当院では①②③をヘルニアの種類により選択し行っております(図)。
現在は、ほとんどが、人工物を使用する方法でおこなわれ、再発率も従来法が約10%に対し、人工物を使用する方法は約1%といわれております。

鼠径・大腿ヘルニア手術方法

受診に関するお問い合わせ TEL 049-228-3618 までご連絡ください。